AdobeStock_114853117.jpeg

成分分析表の見方

1.サクララヴニールの精油にはGC/MS(ガスクロマトグラフィー質量分析法 Gas Chromatography/ Mass spectrometry)による高精度成分分析がされています。

2. フランス語と英語で記載されています。

3.成分のピーク波形と成分特定の分析結果波形データがあります。

​4.EU化粧品規則指定の26種の香料アレルゲンの含有量を分かり易くまとめています。

成分分析データの見方1.png

①精油データ

植物学名、ロット番号と未開封時有効期限、一般名、CAS番号、原料原産地、生育要件、生育段階、抽出部位、抽出方法、特性成分、残留農薬試験結果
 

詳細は下部にて補足

緑のマーク:ヨーロッパ薬局方規定残留試験に合格

②ガスクロマトグラフ

グラフの横軸:テストする精油が注入されてからの経過時間
グラフの縦軸:検出された成分のピークタイム
このグラフのデータは④の表で数値化されています。グラフと表のデータが一致していないものは、偽造データの可能性があります。

③分析条件
分析システム、キャピラリーカラムの種類や長さ、太さ、分析器の時間と温度設定、キャリアガスの種類と圧力、試験する精油をどのように希釈するなど、分析条件が記載されています。

 

成分分析データの見方2.png

④特定された成分とRT
Pics:検出された順番

TR:試験設定を行い試験精油、ガスを注入してから成分が検出されるまでの時間を保持時間(TR:Time Retention, 英語ではリテンションタイム)と言います。どのタイミングでどの成分が検出されたか、そして試験した精油に対してどのくらいの割合かが検出された順番に記録されています。そのデータは②のガスマトログラフィーと一致しています。

⑤⑥香料アレルゲン
検出された成分と量のうち、香料アレルゲンに当たるものを分かり易く書いています。

⑦精油データ2
比重、屈折率、旋光度、発火温度を記載

比重、屈折率、旋光度については数回に1度のみのテストとなります。テストを実施していない場合は「今ロットでは未実施のため、以前のデータをそのまま記載」と記載しております。

発火温度についてはテストは行わず一般データを記載

⑧再成分分析結果との照合

サクララヴニールでは日本に入荷後、ロットごとに再成分分析を行っており、入荷した製品と製造元提供の成分分析結果(お見せしている成分分析表)が一致しているか確認しております。
 

①精油データについて補足

成分分析表ページ1.png

​弊社での解析データについて

 

製造元からいただいた分析表とは別に弊社の方で分析データを解析し、芳香分子分類別の含有量の計算結果を掲載しております。

 

ですが、分析表にも記載させていただいております通り、アロマテラピー研究団体によっては分類の仕方に差異が存在する場合があります(一部のオキサイド類をエーテル類に分類するなど)し、GCMS分析の際に2つの分類が異なる分子が同時に出てきた場合はそれぞれの含有量は特定出来ないため、差異は考えられます。また、どうしても分子が特定しきれなかった場合などもあります。

特定不能​例)

COMPOSÉ AROMATIQUE

COMPOSÉ Mw=152(語尾の数字は様々)

SESQUITERPEN(セスキテルペン類であることは特定)

MYRTENAL + SABINACETONE(アルデヒド類+ケトン類)→分量が書いていたとしてもそれぞれの分子が何%なのかは特定不能

例えば「オキサイド類10.5%」と表記されていたとしても、「特定不能」な分子が5%ある場合、その特定不能の5%の中にまだオキサイド類の分子が含まれている可能性はありますので、特定不能分子の量も併せてご参考ください。

 

​精油の使用方法や注意事項などは販売店や公式サイト